トラブルが発生したらpcの修理業者に連絡|データを復旧してくれる

男の人

一括で送信できる

社内風景

案件やプロジェクトのファイルを送信する場合は、データ送信サービスを利用しましょう。メールを活用している企業も多くありますが、メールでは画像や動画などの容量の大きなファイルを一括で送信することが難しいでしょう。とくに動画はメールで送信しようとした場合は、細切れに分割されて相手に送信されてしまいます。分割された状態では、案件やプロジェクトに活用することができませんので、容量の大きなファイルを送信する場合は、データ送信サービスを利用してください。

データ送信サービスを利用しなくても、画像や動画を一括で送ることは可能です。USBメモリーやDVDなどもメディアに保存して郵送したり、社員に渡したりする方法です。この方法でも、分割にすることなく、一括で動画を送ることができますが、時間もコストもかかってしまいます。USBメモリーやDVDにデータを移し、相手に送るまでに時間がかかります。さらに、USBメモリーやDVDの購入コストや輸送代金も必要になるでしょう。そのため、この方法はビジネス向きではありません。リアルタイムでデータを受け取ることができて、コストがかからない方法で、画像や動画を一括で送るためには、データ送信サービスが最適です。

現在は、多くの業者がサービスを提供していますので、導入することは簡単です。しかし、業者選びが重要になってきますので、各業者のサービス内容をよく把握することが大事になります。業者の公式のホームページで情報収集をしたり、口コミサイトを参考にしたりするといいでしょう。